[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 3話[抜けるエロ漫画]

男に犯される女の管理人

椿ヶ丘団地の管理人

 

第3話 団地の現実 私の現実

 

のあらすじと感想を紹介します。

 



 

会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはこちら

 

第2話はこちら⇩

男に犯される女の管理人
[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 2話[抜けるエロ漫画]管理人のお仕事は住人への性サービス♡

 

椿ヶ丘団地の管理人第3話のあらすじ

美智子は家賃も滞納していた。

 

家賃も払えないほど苦しいのに、娘を高校に通わせることができるのか…

 

と厳しいことを管理人から言われて、ハッとする美智子。

 

美智子が住む団地は以前、壊されそうになったことがあった。

 

理由は入居者の減少。

 

でも壊されてしまうと、困る人もたくさんいた。

 

そこで、思いついたのが管理人による性的サービスだった。

 

気軽に性サービスを受けられる団地ということで、高齢の男性が多く住むようになったのだった。

 



 

無料試し読みはこちら

 

そんな時、娘が定時高校への進学を考えていた。

 

母へ負担をかけたくなかったのだ。

 

私は、母親失格だ!!

 

美智子は管理人になる決心をする。

 



 

無料試し読みはこちら

椿ヶ丘団地の管理人第3話の感想

団地の秘密が明らかになりましたね。

 

まさか、性サービスが気軽に受けられる団地として人気が出ていたとは。

 

それも高齢者の単身者が多かったようです。

 

性欲が強い単身の男性には、この団地は最高ですね。

 

近くにすぐヤレる女性がいるのはいつまでも若々しくいられますね。

 

そして、高齢者は勃起しない人もいるでしょうから、フェ〇でも楽しむことができるので、最高だと思います。

 

最初は管理人にはならない!という気持ちが強かった美智子です。

 

でも、娘が定時性の高校へ進学しようとしていることで、管理人になる決心をします。

 

セ〇クスをすることも納得の上です。

 

さて、住人とどんなセ〇クスをするのか、楽しみです。

 

美智子は美人なので、俺もこの団地に住んでいたら…と想像すると…興奮してきます。

 



 

無料試し読みはこちら