[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 4話[抜けるエロ漫画]

男に犯される女の管理人

椿ヶ丘団地の管理人

 

第4話 管理人としての初仕事

 

のあらすじと感想を紹介します。

 



 

会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはこちら

 

第3話はこちら⇩

男に犯される女の管理人
[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 3話[抜けるエロ漫画]

 

椿ヶ丘団地の管理人第4話のあらすじ

美智子の管理人としての生活が始まった。

 

初めての仕事が団地の掃除だった。

 

掃除が終わったころ、坂口という男性が近づいてきた。

 

そして、チケットを1枚ポケットから取り出した。

 

チケット1枚のサービスは口淫だった。

 

坂口は団地の隅で周りから見えない場所に座る。

 

前の管理人からいつもこの場所でフェ〇をやってもらっていたのだった。

 

坂口は座るとすぐに、ズボンのファスナーを下ろして、チ〇ポを取り出す。

 

男性のチ〇ポを目の前にして、戸惑ってしまう美智子。

 



 

無料試し読みはこちら

 

「はやくしてくれ」

 

坂口に言われて、我に返り娘の為に頑張ろうと、チ〇ポを咥える美智子。

 

じゅるっ

 

じゅっぽっ

 

「おおお~」

 

「こりゃあ~いい…」

 

坂口はたまらず声をもらす。

 

そして、美智子の口の中に射精する。

 

坂口の精液を飲み込む美智子。

 

坂口のフェ〇をしたことで、管理人の仕事に吹っ切れた美智子だった。

 

これはただの仕事…

 

これはただの作業…

 

そう言い聞かせていた。

 

その日の夜までは…

 



 

無料試し読みはこちら

椿ヶ丘団地の管理人第4話の感想

管理人になった初日から、さっそくチケットをもったおじさんが近づいてきました。

 

管理人に渡したのは1枚でした。

 

初日から早速チケットを渡されて戸惑う美智子が初々しかったです。

 

ドキドキがこっちまで伝わってくるようでした。

 

目の前のチ〇ポを前にしても、なかなか口に咥えることができませんでした。

 

でも、無理もないですよね。

 

初めてなのですから。

 

でも娘のためと思い、吹っ切る美智子でした。

 

この坂口というおじさんは記念すべき最初にサービスを受けた住人となった訳です。

 

美智子にフェ〇をしてもらう坂口の表情が印象的です。

 

かなり気持ちがいいのがわかります。

 

そして、これまでの管理人とのフェ〇と比べています。

 

美智子の舌使いは絶妙のようです。

 

あっという間にイッてしまうのでした。

 

朝の、この時間に来たということは朝食を食べ終えて、

 

「さっ、サクッと抜いてもらおうかな…」

 

と気軽な感じでチケットを使えますね。

 

この坂口のようにフェ〇だけなら月10回もサービスが受けられます。

 

ということは、フェ〇なら3日に1回はサービスを受けられることになります。

 

うらやましいな♪

 



 

無料試し読みはこちら