[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 7話[抜けるエロ漫画]

男に犯される女の管理人

椿ヶ丘団地の管理人

 

第7話 終わったばかりなのに2人同時に

 

のあらすじと感想を紹介します。

 



 

会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはこちら

 

第6話はこちら⇩

男に犯される女の管理人
[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 6話[抜けるエロ漫画]

 

椿ヶ丘団地の管理人第7話のあらすじ

バックから挿入されて、感じまくる美智子。

 

いよいよ、重村が絶頂を迎える。

 

重村は美智子のナカに射精する。

 

終わったあと、美智子はその場にしゃがみ込む。

 

管理人として続けていく自信を失いかけていた。

 

 

「ほほう…これが新しい管理人さんか…」

 

と言いながら階段を下りてくる2人の男性。

 

70代位の高齢の男性2人は、原田兄弟だった。

 

「じゃあ俺たちもお願いしようかな」

 

原田兄弟はそれぞれチケットを5枚持っている。

 

「えっ??!今終わったばかりよ…」

 

美智子は信じられない思いでいた。

 

「ごゆっくり…」

 

美智子のナカに射精して、スッキリした重村はそう言うと、帰っていく。



 

無料試し読みはこちら

 

原田兄弟の1人は後ろから美智子に抱きつきおっぱいを揉む。

 

1人は前からおま〇こに指を入れる。

 

美智子のおま〇こは精液も残っていて、ぐちょぐちょ状態だった。

 

原田兄弟の1人は前から挿入する。

 

後ろから乳首をコリコリといじられながら、前からは挿入されてあっという間にイカされる美智子。

 

「今度の管理人さんはドスケベだなあ」

 

原田兄弟が言う。

 

前から挿入された姿勢の美智子。

 

後ろの1人がファスナーを下ろすと、アナルに挿入しようとする。

 

「ちょっとまって…そこは…」

 

と叫ぶ、美智子。



 

無料試し読みはこちら

椿ヶ丘団地の管理人第7話の感想

重村が終わったと思ったら、まさかの2人同時のサービスです。

 

しかも兄弟。

 

おま〇こに射精されたばかりの美智子のおま〇こはぐちょぐちょ状態です。

 

原田兄弟の1人は、指でナカをちょっといじるとすぐに挿入します。

 

後ろからはもう1人が抱きついて、乳首をコリコリ…

 

これは感じますよね♪

 

さっき2回もイカされてばかりですが、美智子はまたイッてしまいました。

 

原田兄弟の連携プレーですね。

 

それにご無沙汰だったからこれは仕方ないですよね。

 

そして、後ろからおっぱいをモミモミしていた1人がチ〇ポを出しました。

 

おま〇こには前にいる1人のチ〇ポが挿入されています。

 

そうです…

 

後ろの1人はアナルに挿入しようとしています。

 

実は、アナルへの挿入は管理人の仕事には含まれないようです。

 

嫌なら断ることができるのです。

 

美智子はアナルに入れられてしまうのでしょうか…

 



 

無料試し読みはこちら