[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人 14話[抜けるエロ漫画]

男に犯される女の管理人

椿ヶ丘団地の管理人

 

第14話 他人のセックスを目の前で

 

のあらすじと感想を紹介します。

 



 

会員登録しなくても無料試し読みができます

無料試し読みはこちら

 

第13話はこちら⇩

[多摩豪]椿ヶ丘団地の管理人第8話のあらすじと感想

椿ヶ丘団地の管理人第14話のあらすじ

重村と塚田はセフレになっていた。

 

今日は塚田を抱こうと重村が来たのだった。

 

せっかくなので、美智子ともセックスをしようとチケットを取り出す塚田。

 

まず最初は塚田とのセックスが始まる。

 

重村は慣れた手つきで塚田を押し倒すとおまんこに指を入れる。

 

キスをしながら手マンをされて塚田はうっとりしている。

 

塚田と重村は美智子と3人で楽しもうと考える。

 

テーブルの下にもぐりこむように言われて従う美智子。

 

テーブルの上には塚田が横になり、おまんこを広げている。

 

重村はファスナーを下げて、大きくなったチンポを取り出すと、美智子に咥えさせた。

 

美智子にフェラされながら口では塚田のおまんこをなめる重村。

 

重村のチンポをしゃぶる美智子。

 

いきなり美智子の口からチンポが抜かれると、そのままズボッと塚田のおまんこに挿入された。

 

「ああっ・・・」

 

「いいっ!!」

 

塚田は言葉で快感を表現する。

 

重村は絶頂を迎えそうになる。

 

「中はだめよ」

 

塚田は言う。

 

 

管理人の仕事が終わってから、もうピルは飲んでなかったのだった。

 

重村はイク寸前に塚田のおまんこからチンポを抜くと、テーブルの下の美智子の口に突っ込む。

 

口いっぱいに注がれる精液に咳き込む美智子。

 

 



 

無料試し読みはこちら

椿ヶ丘団地の管理人第14話の感想

重村と塚田がセフレになっていたのには驚きです。

 

重村はセックスがうまいので、虜になってしまったのかもしれません。

 

塚田を押し倒して、キスをしながら手マンをするシーンなんて、興奮します。

 

重村が慣れているのがよくわかります。

 

重村としたらもうチケットがなくても、好きなときに塚田を抱けるので羨ましいです。

 

塚田はセックスの最中に快感を素直に言葉で表現します。

 

セックスを楽しんでいます♪

 

やっぱりセックスは楽しみたい!

 

塚田を見ているとそう思いました。

 

重村が美智子のフェラされながら、塚田のおまんこをなめるシーンは最高です。

 

仲間に入りたくなりました♪

 



 

無料試し読みはこちら